しつけの基本

犬のしつけはいつから?犬の成長を妨げるしつけは絶対にダメ

がわ
がわ
しつけアドバイザーのがわです!

 

犬のしつけは本当に重要です。

 

いわば、「人間社会に犬を馴染ませるために必要なルール作り」がしつけとなりますが、
そのルール作りをしなければ、さまざまなデメリットが考えられます。

 

×しつけをしないデメリット
  • 犬が本能のままに好き勝手にしてしまう
  • してほしくない行動を止められない
  • 周りに迷惑をかけてしまう

 

おおまかに具体例をあげましたが、
その中でも特に命に関わることについてはしっかりしつけをしていかなければなりません。

 

愛犬が、交差点の向こうで、女性に連れられ散歩している柴犬を見た途端、突然吠え出し、全速力で走り出したのだ。飼い主の女性は、あまりの勢いに、思わずリードから手を放してしまった。

そこに偶然通りかかったランニング中の40代男性は、“暴走”する犬を避けようとして転倒。側溝に落ちて右手首を骨折してしまう。

被害者男性は6日間の入院に加え、10か月の通院を余儀なくされた。手首の可動域が狭まる後遺症も残り、2016年11月、飼い主の女性に3948万円の支払いを求める裁判を起こした。

それから1年半後の3月23日、大阪地裁は女性に対し過失責任を認め、被害者男性へ1284万円の支払いを命じる判決を下したのだ。
出典:NEWSポストセブン

 

散歩中の事故の事例ですが、1,300万円弱の賠償金を支払うものもあるそうです。

 

この事例は、誤解を恐れずに言えばまだケガで済んだ例で、
飛び出した先が車や自転車では愛犬やあなたの命の危険も考えられますよね。

 

人間と犬がお互いに快適に生活をしていくためには、
しつけという人間社会に馴染むためのルール作りをきちんとする必要があります。

 

ご家庭によって始める時期ややり方の悩みや不安に差があると思いますが、
この記事では

  • いつから始めたらいい?
  • どんなしつけをしたらいいの?
  • うちの犬はしつけを始めるには遅いのかな・・・

 

といった悩みや不安を解消していきたいと思います!

 

 

犬のしつけはいつから始めればいいの?

 

犬を迎えたばかりや、
これから迎えるといった方は犬のしつけの始める時期に悩まれることが多いと思います。

 

まずは始める時期についてまとめていきますね!

 

しつけはなるべく早いほうが良い

 

結論から先に書きますが、
犬のしつけは早ければ早い方が良いです。

 

ですので、犬の年齢や犬種に関わらず、犬を迎えたその日からしつけを始めると良いと思います。

 

なぜかというと、人間も幼いころに親や周りの人間からしつけられた行動やルールが大人になってからもその人格の基礎となるように、
犬も子犬の時にしつけがきちんとされているかどうかで成犬になったときの振る舞いや考え方に大きく差が出ます。

 

人間を例にとってみると、お箸の持ち方などの食事マナーや、文字の書き方のように、
子供のころにしつけられた内容は大人になってもその通りで生活をしますよね。

 

犬も同じように、
何が良くて何が悪いのか、じゃれて遊ぶ時にどの程度の強さであれば相手を傷つけずに遊べるかのルールは子犬の時に定着するわけです。

 

ではそのルールが定着しやすい時期はいつ頃でしょうか。

 

社会化期は生後3か月半まで

 

犬は生涯を通して学習をしていきますが、社会化期に体験したことは順応しやすい傾向があります。

 

このゴールデンタイムを、社会化期と呼びます。

 

ご家庭に迎えるときは動物愛護法により最低でも1か月半は成長しているはずですので、
残りの約2か月がしつけにおいて重要な期間になるわけです。

 

恐怖心より好奇心が勝っている時期なので、何にでも順応しようとするそうですよ。

 

犬の社会化期には、

 

  • 他の犬とのコミュニケーションの取り方
  • 人間社会の音(車の走行音、掃除機など)
  • 人間との接し方

 

これらを学びます。

 

犬の社会化期に色々な刺激を与えることによって、
成犬への性格の形成が行われていくわけです!

 

注意点

 

社会化期がゴールデンタイムなのはご理解いただけたと思いますが、
その社会化期を過ぎてしまった犬はしつけができなかったりしつけが厳しいというわけではありません!

 

実際に僕は生後5ヵ月を過ぎた犬を迎えましたが、
なんなくしつけを覚えてくれますよ!

 

あくまで順応しやすい時期というだけですし、
しつけは飼い主のやり方一つでどうにでもなることです。

 

これから社会化期を過ぎている犬を迎えようとしている方はご安心ください^^

 

しつけをするのに遅いということはない

 

 

犬のしつけはなるべく早いうちから始めると良いですが、
子犬の時期からしつけをしていなかったらダメというわけではありません!

 

子犬の頃からしつけをするのと比べて少々難しくなってしまいますが、
しつけを始めるのに遅いということはないのです。

 

先ほど、しつけは「人間社会に犬を馴染ませるルール」と書きましたが、
犬の中の良し悪しの判断基準やルールは子犬の時に学習をしていきます。

 

子犬の時には何も言われていなかったのに、
成犬になってから「ダメ!」と言われると犬は困惑してしまうわけです。

 

子犬時代の学習の蓄積から行っている行動や動作を、
成犬になってから矯正しなければならないのでその分難しくなるんですね。

 

子犬期を過ぎても遅くはありませんが、早いうちから始めると楽です。

 

犬の学習の蓄積を増やすためには迎えた日からしつけをしていきましょう!

  • 犬のしつけは迎えた日から始める

 

犬にどんなしつけをすればいいの?

 

では実際に、どんなしつけをすればいいのかご紹介していきます!

 

アイコンタクト

 

 

僕は犬とアイコンタクトを取ることがしつけの基礎だと思っています。

 

目を合わせるというよりは、意識をこちらに向けさせることを教えていくイメージです。

 

今後どのしつけにも犬をこちらに注目させながらだと覚えが早くなるので、
しつけの一歩目はアイコンタクトからやってみましょう。

 

僕は、犬の名前をコマンドにして、
名前を呼んだらアイコンタクトを取ってもらうようにしています。

 

犬のしつけでアイコンタクトを疎かにしてはいけない3つの理由 あなたは愛犬と”アイコンタクト”をしっかり取ることができていますか? 言葉の通じない犬とのコミュニ...

 

トイレのしつけ

 

 

犬を飼っている人共通で、一度は通る道で、多分一番悩みが多いのがトイレのしつけじゃないかなと思います。

 

僕の経験談から、トイレのしつけはいち早く取り掛かった方が良いです。

 

僕のご近所の犬友さんを例に挙げると、
早い犬で1か月~2か月くらい、遅い犬だと1年かかったという話を聞いたことがあります。

 

そこかしこにおしっこやうんちをされると精神をだいぶやられますが、
子犬は膀胱が未発達でほとんど我慢ができないのです。

 

身体の仕組みとしてしょうがないことですので、
おおらかな気持ちで教えていくと精神衛生上こちらも楽です。

 

必ずできるようになるので、根気よく諦めずに頑張りましょう!

 

失敗を繰り返す限り成功しません。犬のトイレのしつけのポイント※7/23 記事がわかりづらかったので、全体的に見やすくしました! ※6/14 トイレが完璧にできるようになったので情報を更新しました...

 

呼び戻し(おいで)

 

 

「おいで」というコマンドで、犬が飼い主の近くに戻ってくるしつけです。

 

散歩中やドッグラン、広い公園で遊ぶ時に危険を予測したときに重宝します。

 

あなたや愛犬だけでなく、通行人や他の犬のケガなども防げるので、
しっかりと教えてマスターしましょう!

 

おいでができないのは危険な状態!どの犬も上手にできるしつけ方 犬のしつけと言えば、”お手”や”おすわり”が一般的にイメージされると思いますが、 ”おいで”を先に覚えさせることをおす...

 

こんなしつけは犬の成長を妨げるからダメ!

 

 

僕はただ単にやり方や手順についてだけ調べ、
しつけの本質を見逃していたのでたくさん失敗をしました。

 

何か問題が起きた時に怒ってしつけをするのでは犬に恐怖心を与え、自主性や自分で考える力が養われないまま成長してしまいます。

 

しつけは、恐怖で犬を支配する方法でするのではないことから、
そもそも犬に失敗をさせないようにすることが大事です。

 

人間の都合の良いように犬に合わせてもらい、犬を人間社会でストレスなく上手に共存できるようにルールを作ることがしつけであるという意識を持って取り組むと良いと思います。

 

あなたと大事な家族のワンちゃんが、お互いに楽しく幸せに生活できるようにルール作りをしっかりと行っていきましょう^^

 

まとめ

 

 

犬はいつだって学習しながら生きています。

 

生涯に渡って学習をしているので、遅すぎるということはありませんが
社会化期というしつけに適している時期があることをご理解いただけたと思います。

 

しつけを始めるのは早ければ早いほど、犬に学習を蓄積させていくことができますので
犬を迎えた日や、この記事を読んだ今日からしつけを始めていきましょう!

 

【犬も人も幸せに】犬情報LINE@マガジン「ワンマガ」

 

 

犬と人が幸せでいるためというコンセプトのお役立ち情報等を、LINE@にて配信する予定です!

 

主に、

 

  • 犬に関するお役立ち情報
  • 皆様から届いたお悩みと解決方法
  • ペットに関するニュース

 

このような情報をお届けしたいと思います^^

 

あなたの役に立つ情報を随時配信していきますので、是非友達追加してください!

 

もちろん、LINEでのお悩み相談も受け付けてますよー^^

 

 

無料相談受付中です♪

 

しつけアドバイザーのがわがあなたのお悩みや不安を解決させていただくための無料相談フォームです。

 

今このページをご覧いただいているあなたは、
犬について解決したいお悩みや不安を抱えていらっしゃるのではないでしょうか?

 

インターネットには本当にさまざまな情報が溢れかえっています。

 

僕もお目当ての情報までたどり着くのに時間を食われ、
不安な気持ちや悩みを解消するのにとても時間がかかってしまった経験があります。

 

「調べている時間もペットとふれあっていたい・・・悩み相談できたり、不安な気持ちを共有してくれるブログがあったらいいのにな・・・」

 

そんな僕の苦い実体験から相談コーナーを作成しました。

 

どんな些細なことでも全力でお応えします!一切遠慮せずにお気軽にご相談ください^^

 

⇒がわの無料相談コーナーはこちら♪

 

あなたからのご連絡をお待ちしております!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます♪

 

がわでした^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。